LINEワークショップ

コミュニケーションを自ら考える

LINE株式会社では安心・安全活動の一環として、これまでも全国の小中学校および高校における児童・生徒や保護者、教職員を対象としたインターネットリテラシーなどの啓発を目的とした講演活動を行っておりましたが、インターネットとの上手な付き合い方やコミュニケーション方法について“自ら考える”啓発教育を行う事を目的に、教育工学や授業デザインを専門とする大学の先生方と共同でワークショップ教材の開発及び実施をしております。

LINEワークショップ 3つの特徴

  • 1.コミュニケーションのあり方を「自ら考える」
  • 2.カード教材を用いた「ゲーム要素」のある授業スタイル
  • 3.「よくある事例」を用いた実践的学習

ワークショップ形式の授業は、周りの人との考え方や感覚の違いを実感させる複数のテーマについてカードやマンガを通じてとりあげ、ディスカッションを通じ、子どもたちが自らインターネットとの上手なつき合い方や適切なコミュニケーション方法を考える機会を創出する内容となっています。

  • ※日本全国の小中学校を対象に原則クラス単位での実施になります(所要時間 約50分)。
  • ※公共交通機関でのアクセスが難しい場所、極端に人数が少ない場合等は実施できない場合があります。
  • ※ワークショップの模様を弊社ウェブサイトで紹介する場合があります。

授業で使える教材を無料で配布

ワークショップの実施の成果や内容を検証したうえで、教材をパッケージ化いたしました。情報系の先生に限らず、全国の小中学校、高校の先生方に授業していただけるよう、指導案も視覚化する等配慮しています。

ワークショップ用教材 「楽しいコミュニケーション」を考えよう!

カード版1 自分と相手との違い

自分と相手との違いを意識し、上手なコミュニケーションについて自ら考える教材です。「基本編」の他に、「悪口編」「写真編」「使いすぎ編」の3つがあります。

カード版2 リスクの見積もり編

「こんなつもりじゃなかったのに」「まさかこうなるとは」というコミュニケーションのトラブルを防ぐ為に、今後のリスクを予想する力を身につける教材です。

マンガ版 LINEって難しい?

オリジナルのマンガ教材を使い、生徒同士がディスカッションしながら、ネット上と対面のコミュニケーションの違いを考える内容となっています。

  • カード版 共同研究者 : 静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授 塩田真吾
  • マンガ版 監修 : 東京工業大学 情報理工学院 特定教授 吉川厚 / 関東学院大学 人間共生学部 コミュニケーション学科 准教授 折田明子

インターネットとの上手な付き合い方

LINE株式会社では、全国各地の学校等を訪問し、児童・生徒、教師・保護者を対象とした講演やワークショップを行っております。

  • ※講師派遣料や交通費はかかりません。

「インターネットを使うときに気をつけること、考えること」

対象 小学生(高学年)・中学生・高校生の皆さん
時間 約50分

インターネット上で発生するコミュニケーショントラブルやその他トラブルを想定して、事例を用いながら円滑なコミュニケーションに必要な要素やインターネットの特徴、トラブルの際の影響範囲や注意点について学びます。講演形式ながらも参加意識を高めるようなワークや、自ら考え想像力を働かせる機会を提供しながら、上手なインターネットの使い方を伝えています。

「LINEのご紹介と、子どもがインターネットを利用する際の注意事項」

対象 教員や保護者の皆さん
時間 約60〜120分

お子さまの利用実態をご理解いただく為に、コミュニケーションアプリ「LINE」に関する機能や子どもの利用例、さらにリスク対策についてお伝えいたします。加えて、青少年を取り巻くインターネットの現状をお伝えし、子ども向けに実施しているワークショップの内容も取り入れながら、子どもをインターネットトラブルから守るために有益となる情報や注意すべきポイントをご紹介します。参加されている方々とのやり取りを重視したインタラクティブな講演です。